GMSニュースレター

今、話題になっている世界の熱帯医学、渡航医学、感染症の
ニュース&トピックスをピックアップしてお届けします!

世界の熱帯医学、渡航医学、感染症 NEWS & TOPICS

これまで配信されたニュースレターを閲覧出来ます。【GMS】NEWS & TOPICSのアーカイブはこちら

 
Vol.1 ノルウェー人女性がタイ滞在中の鼻腔洗浄が原因でアメーバ性髄膜脳炎に罹患し死亡
シプロフロキサシンに耐性を示す赤痢菌の流行
髄膜炎菌:尿路感染の原因菌としても注意が必要
【GMS.eラーニング】マラリアクイズBASIC ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.2 タイでデングワクチンの接種が可能となる(Dengvaxia デングワクシア)
インドの海鮮物は多剤耐性菌に汚染されている可能性が高い
【GMS.eラーニング】マラリアクイズBASIC ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.3 乳酸菌が新生児の敗血症を減らした。(インドでの研究)
クリミア、コンゴ出血熱の院内感染
【GMS.eラーニング】消化管寄生虫症クイズ ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.4 ブラジルでの新しいマラリアの流行(Plasmodium simium)
妊娠中のデングウイルス感染による早産、低出生体重児、胎児危険のリスクの検討
【GMS.eラーニング】マラリアクイズ ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.5 ブラジルでの新しいマラリアの流行(Plasmodium simium)
妊娠中のデングウイルス感染による早産、低出生体重児、胎児危険のリスクの検討
【GMS.eラーニング】マラリアクイズ ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.6 アジスロマイシン高度体制を示す淋病感染症の流行(ハワイ)
シンガポールでのジカウィルスのアウトブレイク
【GMS.eラーニング】マラリアクイズ ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.7 妊婦の尿路感染症状は細菌感染でないことが多い(ウガンダ)
コレラ流行地域での経口ワクチン1回投与の効果 (Bangladesh)
【GMS.eラーニング】マラリアクイズ ※Atlas of Medical Parasitology参照
解答はこちら
 
Vol.8 洪水の後はレプトスピラ症に注意
ボラワクチンは安全で有効か(PhaseIII trial)
【GMS.eラーニング】2017年マヒドン大学熱帯医学短期研修
消化管寄生虫症概論(Prof. Yaowalark)のサンプル動画
 
Vol.9 抗寄生虫薬による消化管蠕虫の根絶の実現性は?
アフガニスタンで経口ポリオワクチンが広まらない背景
 
Vol.10 アメリカでのキャンピロバクター感染症の現状
梅毒:眼も要注意(梅毒性ぶどう膜炎)
 
Vol.11 エジプトのメンフィス発レジオネラ症のアウトブレイク
北米、裏庭で感染したアライグマ回虫による脳髄膜炎の症例報告
 
Vol.12 コリスチン耐性に関わるプラスミド上の耐性遺伝子mcr-1を有する腸内細菌の増加(中国)
リステリアに汚染されたメロンにより高齢者が3名死亡 12名が病気に(オーストラリア)
 
Vol.13 黄熱ワクチン未接種のヨーロッパの旅行者がブラジルで黄熱病に罹患
妊娠中にジカウイルス感染時の胎児奇形のリスクの評価
 
Vol.14 1/5量に減らした黄熱ワクチンの予防接種は有効
パプアニューギニアにおいてアジスロマイシンのMass treatment はYawsの根絶に失敗した
 
Vol.15 アラスカのホームレスの間にアウトブレイクした侵襲性の高いA群レンサ球菌
感染性のあるジカウイルスが精子内から検出される期間
 
Vol.16 下痢性疾患が世界に与えるインパクト
ベトナムにおける無症候性マラリアの特徴 高感度PCRを用いた研究
 
Vol.17 アフリカにおいて小児に対するアジスロマイシンのマストリートメントが死亡率を減少させた
携帯電話端末を用いてロアロアの感染量を評価し、オンコセルカに対するマストリートメントの有無を決定(アフリカ)
 
Vol.18 米国でのヒトパピローマウイルス関連の口腔咽頭がんの疫学
インドの田舎において、シンバイオティクスが乳児の死亡率を有意に減少した
 
Vol.19 神経ボレリア症の長期予後はほぼコントロール群と変わらない
環状切除術が水腎を呈する乳児(男児)の尿路感染の頻度を減らす
 
Vol.20 デングワクチン: ワクチン接種前の抗体価が効果を決定する
Keystone Virusが初めてヒトから分離された

※「GMS.eラーニング」は、会員限定のコンテンツとなります。GMS会員登録後「GMS.eラーニング」へのご招待メールをお送りさせていただきます。