熱帯医学セミナー

開発途上国の多くの疾患は貧困、衛生状態と関連があります。
その土地の医療状況を改善するためには病気の知識は必須です!

熱帯医学セミナー報告

 
開催日時 2018年10月27日(土)14:00 - 17:00(14:00開場 14:15開始)
講 師 森 博威:特定非営利活動法人グローカルメディカルサポート 理事長
マヒドン大学熱帯医学部 特任教授

【1部】マヒドン大学熱帯医学部コース説明会

マヒドン大学のDTMH (Diploma in Tropical Medicine and Hygiene), MCTM (Master of Clinical Tropical Medicine)についての説明会を行いました。マヒドン大学熱帯医学部の歴史、活動内容、コースの概要、開催期間、応募の方法等を紹介しました。住まいや食事等タイでの生活についても説明を行いました。参加者からコース内容、タイでの生活について様々な質問を頂きました。

熱帯医学セミナー
熱帯医学セミナー
熱帯医学セミナー

【2部】タイ地域医療の現状と課題

タイの地域医療の現状をご紹介しました。この数年で実際に訪問した写真を多くお見せし、タイ、ミャンマー国境沿いの歴史、現状、難民、民族問題、衛生状態、教育、タイの医療保健制度、研修制度、家庭医の取り組み、マラリアへの取り組み、王室活動等、幅広くご紹介しました。参加者の方から住民の生活や医療について様々な質問を頂きディスカッションを行いました。地域医療は医療だけで完結するものではなく、その国の様々な要因の中で人の生活を支えるものであること、タイと日本の地域医療はフェーズが異なるが、お互いに学ぶものが大きいことを確認、共有しました

熱帯医学セミナー
熱帯医学セミナー
熱帯医学セミナー

【講師プロフィール】

森 博威
特定非営利活動法人グローカルメディカルサポート理事長
マヒドン大学熱帯医学部特任教授/公立岩瀬病院 総合診療科科長
沖縄中部病院で研修、宮古島で離島医療に携わった後にタイのマヒドン大学熱帯医学部に留学した。マヒドン大学でディプロマ、博士課程を取得後、特任教授として研究、教育を続けている。同時に内科医として地域医療に携わり、日本とタイを行き来している。
2015年 途上国志向のある医療従事者を支援する活動として、さまざまな情報が集まり、人が繋がる場「とちノきネットワーク」を発足させた。